給食は辛い時間、苦い思い出ばかり

給食の苦い思い出を思い出しました。今でこそ、私は、人並みかそれ以上、頂くけれど、小さい頃の私は、食が細くて、食べるのも遅かったです。保育園の時の面談で、食が細いと先生にそれだけしか言われなかったと母から聞いたこともあります。
小学3年生の時、「今日は、食べ終わった人から昼休みにしましょう。」ということになりました。献立はカレーライス。後は、覚えていません。その日に限って、給食当番の中に先生が交じっていて、勇気のない私は「少なくして…。」の一言が言えませんでした。特に好き嫌いがある訳ではないけれど、とにかく、食べるのが遅かったです。いつも、たいてい決まっている、食べるのが遅い子が。その子たちを残して次々とみんな昼休みになっていく。居残り組も、1人抜け2人抜けと、どんどんと減って行き、私1人になってしまいました。気が付けば、昼休みも終わり、掃除の時間。私はそんな時間まで、廊下に机を出されて食べ続けされていました。もう、入らないんです。泣きながら食べました。どの位まで食べたか覚えていません。最後に限界が来て、廊下に口いっぱいお腹いっぱいに入れたカレーを吐いてしまいました。苦しいやら、恥ずかしいやら、みんなが取り囲むその中をそのまま、泣きながら家に帰ってしまいました。その後のことは覚えていません。今、思うと、先生はなんでそこまでしたのだろう、ということ。
中学校に上がる時に2枚だった給食の食パンが3枚になるという噂だけで、行きたくないなあと思ってしまった私。実際は2枚のままでした。
学生時代、教育実習の時…。この時は、もう、人並みに食べれるだろうと思っていましたが、先生というだけで、大盛りにされて、班で楽しくお喋りしながら、立場上残すことも出来ず、短時間で必死に食べました。
給食、いい思い出を思い出せません…。専業主婦が旦那に内緒でお金借りるの?